上には上がいるけど、下はいない

スポンサーリンク
★★毒親育ち

私は、お母さんに褒められた記憶があんまりない。きっと褒められた事もあるとは思うんだけど、褒められなかった事の方が多くて、覚えていない。

逆の事はよく覚えている。

スポンサーリンク

上には上がいる

テストで100点取ったとか、いい事をした時、母は誉める事はあまりなかった。

「いいかもしれないけど、○○ちゃんよりは下よね」
「もっとできる人はいっぱいいるから、あんたは大したことないのよ!ちょっとやそっと良くなったところでいい気になってんじゃないわよ」

と、
上には上がいる
 
ということを教えられた。 
 
なので私は、頑張っても頑張っても、私よりできる人はいっぱいいる。と、目標のレベルが上がってしまい、何をしても満足できず、達成できない目標をあげて、できなくて、自信をなくすことを繰り返していた。
母も同じように私を認める事はなく、いつもいつも高い目標を私に強いた。

下には下がいない    

悪い事をした時は、

「こんなことする人は初めてだ」

「こんなひどい子に育ててしまった」

「あんたは一番ダメだ」

と、犯罪者のように言われ、怒られた。

学校では、私より悪い点を取ったり、遅刻をしたり、忘れ物をしたり、いわゆる「悪がき」と呼ばれる子達と比べたら、私は良い子なのに、

○○ちゃんなんかもっと悪いよ!

人は人!

あんたはみんなが人を殺したら殺すのか!

いい事をした時は、上には上がいる、あんたと同じ人はたくさんいる、って、だからいい事でもなんでもないんだって言うのに、

悪い事をした時は、こんな悪いのはあんただけ、って、悪い事の時はものすごく怒られる。

大人になって、私のしたことはそこまで悪くないという現実に気付いて、母を責めても、母はとっくに忘れていて、逆キレされて私がまた怒られるだけだった。

そんな昔の事知らないわよ!

そんなこと根に持つなんてあんた性格悪いわねっ!

困惑。。。
 

低姿勢過ぎる価値観

何かあれば、すみません。

私は悪いことしていないのに、「うちの娘がすみません」って、菓子折り持って謝る。

私悪いことしていないのに。

さすがにまともな人は、「華穂ちゃんのせいじゃないですよ」って言ってくれたりもしたけれど、母は「いいえ、ウチの娘が全部悪いんです」って、私を全否定。

何があっても私のせい。

私は他人より劣っている。他人が上。

母は常に自分が下だと思って生きている。大きな態度を取れるのは娘の私や自分の両親、旦那だけ。

ウチは貧乏だから、学歴がないから仕方ない、あんたは片親だから仕方ない。何かあればずっと言われてきて、私は子どもの頃自分の運命を憎んだこともあった。

でも大人になって、そんなことはない事に気付いても、幼い頃の価値観は根強くて、わかっていても、でもお母さんが言ってた事と違うなって、おかしな価値観とわかっているのに母の価値観が正しいと思っている自分がいて、価値観を変える事が母を裏切っているように思えて辛かった。

環境や学歴で低姿勢に生きていかなきゃいけないっていう価値観は間違っている。

母は出来ない理由を環境や学歴のせいにしているだけ。

私は今、母とは衝突してばかりだ。毒親と気づいて、変わっていくと言う事は、毒親と衝突するのは避けて通れない道なのだと思う。母からすれば、娘が思い通りにならなくなるわけで、育て方を間違えたとか、今更反抗期だとか、毒を言い放つ。そしてその毒に私はもう左右されない。

衝突ばかりで凹んだりもするけれど、解毒されている証だと思って、負けずに生きていこう。


毒親ランキング

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました