スポンサーリンク

円形脱毛症になりました

スポンサーリンク

まさか自分がなるなんて!とただただびっくりしました。

パーマをかけようと思っていたら、はげてるじゃん!!

ショックでしたよ。髪伸ばしてたし。

でも落ち込んでてもしょうがないし、この病気と共存していくためには楽しまなきゃと、現在は帽子やウィッグを探したり、髪を生やすことよりも、今の髪形をどうしていこうかを考えています。

髪はいつ生えてくるかわからないから、治療だけに専念じゃもったいない。

いつから?

わかりません!(笑)

気づいたのは7月初旬です。その前から抜け毛が多いなぁとは思ってました。でも抜け毛なんていつものことだったから気にもしませんでした。

ただ、頭皮に違和感はありました。
私は幼い頃から、『かさぶたをとる癖』がありました。それは頭皮も例外ではありません。そんな『かさぶた』があるかのような頭皮になっている感じがしました。でも『かさぶた』なんでどこにもなく、ただただ触って『かさぶた』を探していました。
そして7月初旬、その『かさぶた』の正体を見ようと鏡とスマホを使って頭皮を見たら。。。

髪がないじゃん!

ここでやっと、円形脱毛症に気づいたのです。

このスマホと鏡を使ってみてるときも、最初は違和感部分をスマホで撮影したんですけど、はげているのに、

光の反射のせいではげて見えてるじゃん!撮り直し!

なんてことを何度もやったんです。

円形脱毛症だよ、はげて見えるんじゃなくて、はげてるんだよ

って自覚するのに5分はかかったと思います。

何の根拠かわからないけど、自分がなるわけないって思っていたので、びっくりしたと同時にショックで、呆然としました。

でも実際髪がない。これは紛れもない現実。私は円形脱毛症になったんだ。

と現実を受け入れ、皮膚科に通い始めることになるのです。これが。。。引っ越したばかりで皮膚科知らねー!!ネットで調べられるけど、複数あるからどこがいいのかわからない。

職場の近くも考えましたが、今の職場だってずーっといるかはわからないから、やっぱり家の近くに行くことにしました。

役に立ったのは、LINEのオープンチャット!オプチャです。

私はLINEオプチャで、自分の住んでる地域の人が情報共有しているオプチャに参加しています。ここで良い皮膚科を教えてもらってそこに通い始めました。

この時は、500円玉くらいの円形はげがあった感じでした。

転院

皮膚科では飲み薬と塗り薬をもらいました。

でも一向に良くならず、毛は抜ける一方。特に左側が抜けて、後頭部、側頭部、おでこ回り、とどんどん抜けていきました。そしてそれは左側にとどまらず、右側も抜け始めました。

この時私は髪が長かったんですが、髪をまとめるとはげが見えてしまったり、長くても隠せない状態になってしまったため、髪をショートボブに切りました。

いやぁ、髪を切ったら楽!シャンプーも乾かすのも一瞬!(笑)
抜け毛もホラー映画状態で恐ろしかったので、切って良かったです。

美容師さんは、円形脱毛症の人なんて見慣れているんだろうけど、私は不安だったので電話で聞きました。案の定、「全く問題ない」とのことでした。

むしろうまく隠れる髪形にしてくれました。引っ越したばかりで美容院も知らなかったのですが、ホットペーパービューティで良さげなとこを選んで行ってみたら、良いところを見つけられました。

頑張って伸ばしたのに!!スパイラルパーマかけたかった!

 

話は戻りまして、皮膚科に通い始めて2か月、全然良くならないため、私は大学病院に転院しました。

大学病院は完全予約制、仕事を休んだり遅刻早退しながら現在も通院しております。

初診では、いろんな検査をしました。

病気とは全く関係ないが、HIV検査(エイズ検査)をするとのこと。受けたことなかったから、かえって良かったと思いました。結果は陰性で一安心。どんな病気も可能性はゼロではありません。

『まさか自分がなるわけない』という変な思い込みはやめています。

こういうことを考えている人が、偏見や差別を生むと思っています。私はそんな底辺な人間にはなりたくない。

円形脱毛症は、自己免疫性疾患なのだそうです。原因は不明。ストレスともいわれていますが、実際はそうでもないんだとか。私今ストレスあんまりないから、それはないなって思います。

治療法は大きく分けて3つあるとのことで
1,脱毛部分に注射
2,皮膚をかぶれさせて発毛を促す方法
3,入院して強いステロイドを3日間点滴して炎症を抑え発毛させる方法

1は私の場合は脱毛部分が多すぎて現実的ではないとのことでした。
2と3になるのですが、一番効果の可能性があるのは3らしく、
3を行うために、皮膚生検という検査をしました。
脱毛してる部分に炎症があるかを調べるためだそうです。

生検は知ってるよ!よく算定してたもん!でもどんなことするのかは全然わかんない。(笑)なんて思いながら生検に臨んだわけですが。。。
検査っていうかほぼほぼ手術じゃねぇか!って思うくらい痛いし出血多し!(笑)

頭の皮膚を採取して検査をするんです。脱毛部分とそうでない部分。計4か所。
そのためには皮膚を切らなきゃいけないですよね。麻酔して、皮膚とって、縫って、と、短時間で終わりましたが、痛かったです。

二週間後に抜糸、検査結果によって今後の治療方針が決まって行くとのことでした。

検査の結果、私は炎症があったとのことで、3の入院治療をすることになるのでした。

後日続きUPします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました