私の思う毒友

スポンサーリンク

私の毒友は、マウンティングする人。

子供の頃は、支配する人や、いじめる人がいたけど、大人になった今そんな人はいない。今私が鬱陶しく感じるのは、自己主張の強いマウンティングタイプ。

何を話しても、自分の方が優れている、とか、全て自分に持っていく人が苦手。体の弱さや不幸自慢、劣っている自慢までしてしまう人、どんな話でも自分が主役になる人。

そしてこんな人に多いのが、自己主張!!

「私って、○○な人なんですよ!」

「私って○○だからぁー」

知らんがな!(笑)

だから?って言いたくなるのを必死に我慢する。

文章にすると、私が性格悪いみたいだけど、この手のタイプは人の話を聞かず、常に自己アピール。特にブスに多い気がする。

多分私が同じタイプなんだろうなと思うけど、こんな人を見ると、こういう人は嫌われるんだなと、自分を改められる。人のふり見て我がフリ直せとは、まさにこのことだなと思う。

かといって、こんな人と付き合いを続けていたらストレスだらけになってしまう。

ただ、このマウンティングする気持ちは、よくわかる。

自分に自信が無い証拠。

私の場合は、子供の頃、認めて貰えなかったり、相手にされなかった反動。

子供の頃、私をバカにしたのも毒友。

子供の頃の毒友と、今の毒友は違う。今の毒友も、誰かに認めて欲しいが故にマウンティングをしているのだろうという事はわかるが、私にそれは受け入れられない。

なんていうか、こういう人に会うと、過去の嫌な記憶が蘇ってしまって、楽しくない。

できるだけ、ストレスフリーな毎日を送りたいから、私に毒友は要らないし、そんな友達しかいないのなら独りのほうがずっと楽しい。

世の中いい人いっぱいいるし、自分にとってプラスな存在じゃない人とは、無理して付き合う必要はない。

毒友に嫌われたっていいのだ。

他人の目を気にして自分が嫌な思いをするのはもう嫌だから、私は自分優先で生きている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました