2020年も毒親問題を考えていきます

スポンサーリンク

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

年末年始といえば帰省!私も帰省しました。

※私は毒親育ちに気付いただけで、善人になったわけではありません。

「帰らなきゃいいじゃん」と言われるたびに、

簡単に言わないでよ。口ではいくらでも言えるよね。知らないからそんなことが言えるんだよ。と思ってしまうのです。

あと、「どうして親の言いなりなの?ちゃんと言い返して自分の意見言った」とか、悪気はないんだろうけど、上からと言うかアドバイスしてるつもりの感じの人。正直いらっとするんです。それが出来たら苦労しないんだよ。大体そんなきちんとできるのなら、そもそも毒親じゃないんじゃない?って思うんだけどさ。(愚痴)

約1年ぶりの帰省、帰る前から帰るまで、たった3日間なのに、なんかいろいろありまして、疲れました。やっぱり毒親はずっと毒親なんですね。

スポンサーリンク

帰省ルートが気に入らない

私の実家の帰省ルートは何パターンかあります。バスで帰る方法、新幹線+バスで帰る方法。新幹線+在来線で帰る方法。私はお金はかかるけど一番楽な「新幹線+在来線」で帰りました。

帰る前に母へ電話して、この帰省ルートだとわかった途端、母の声のトーンは下がりました。その時点で既に帰りたくない。。。私がどんなルートで帰ろうが母には関係ないじゃないですか!別に交通費を請求するわけでもないんです。このルートで帰る事に嫌悪感を感じるらしく、めちゃくちゃ怒るんです。

私、以前は、「新幹線+バス」のルートで帰っていました。母はこの、バスの部分の代わりになってくれていました。要は、新幹線で着いた最寄駅まで迎えに来て、そこから母の車で帰るのです。バス代が浮くし、悪いルートではないのです。

でも

「迎えに来てもらわないと帰れない」

「母と車で1時間以上一緒」

なのが嫌な事もあり、最近はこのルートを使わなくなったのですが、母にはそれが寂しいのかもしれません。でも私には苦痛で。。。普通に話してる分にはいいですが、最近の母はとにかくすぐ怒る、毒のスイッチが入りまくりなので、車の中で毒が始まると逃げようがないから、嫌なんです。

あとは、今帰ってるルートの方が、買い物とか美味しいものとかたくさんあるので、そっちの方が楽しいんですよね!!毒親は子が楽しむのが嫌なのかしら?

逐一嫌み連発

毒親の一言ってものすごーく感じ悪くて、1秒でも苦痛になってしまうんです。

駅で母を待っている時、寒いので建物の中で待っていました。これはいつものことなのですが、毒親はいつものことなんて通じません。

「中にいたらわからないじゃない!建物の前って言ったでしょ!どうして中にいるのよ!」

※外は強風で極寒でした。寒いと言う私のセリフは無視。

優しさのかけらもない。

家について鍵を開けてもらうのを待っていると、

「あんたも鍵持ってるでしょ?他人のつもりしてるの?」って苦笑いしながら言う。

言い方にいらっとする。はっきり言ってムカつきます。

そんな私の気持ちも知らず、私のちょっとした言い方が癇に障るとか、人の事はガンガン言ってきます。

悲劇のヒロイン(定番)

毎回そうなんですけど、「私は孤独の老人」が口癖です。普通は娘がそばにいてくれるのに、私には誰もいない、1人!って、罪悪感の押し付けは健在。1人で生きてる年配の方はたくさんいらっしゃいます。自分だけが不幸、可哀相って悲劇のヒロインになる毒親が本当に嫌いです。そんなんだから距離を置かれているのに、帰る度に毒がパワーアップしていて、ますます距離を置きたくなってしまうし、悪循環ですね。

今年も毒親の呪縛解放頑張ります

毒親育ち仲間の交流会(会費制・女性のみ)

沢山開催したいと思います。当面は土日、都内開催となりますが、いずれは色々な場所で開催していきたいです。

各種相談も随時行っていこうと思います。


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました