毒親の価値観~実家に住んでるから偉い~

スポンサーリンク

こんばんは、毒親育ちの華穂です。

私は母親から、「実家住まいは素晴らしい、偉い」と言われて育ってきました。

家を出るのは結婚するときや転勤等やむを得ない時だけ。

そして私が学生の頃によく言われたのは、実家に住んでいる人と、ひとり暮らしをしている人では、実家に住んでいる人が選ばれるという間違った母論。

確かに、就職活動で、地元の人かそうでない人か、という事に関しては、家賃支払いとか、交通費とか、そういう問題で、実家に住んでいる人が採用されることはあるのかもしれません。

そして母の言う、「実家住まいが選ばれる」というのは、金持ちのお嬢様のイメージで、育ちがいいとか品があるとか、要は考えが古いんです。家を出るのは結婚や仕事の都合等やむを得ないもの、と思っているから、結婚以外で家を出ている事=苦労して働いて不幸で、ていう貧乏なイメージを持っているんだと思います。母が家を出た時、間借りで自由のない楽しくない生活だったらしく、その時に実家住まいのキラキラした人が周りにいて、やっぱり実家はいいなぁって思っちゃったみたいで、そのイメージから変えられないようです。

私は26歳の時に家を出ました。(いやぁもう大変だったー)

でもその前に、何回か家を出たいって言った事があるんです。でも言うたびに怒られて、どうしてみんな家を出れるんだろう?って不思議に思ってました。

スポンサーリンク

大学受験

ウチはお金がないから通える範囲

ずっとそう言われて来たから、当たり前のように近い所を選び、通いました。でも東京の学校への進学も考えたこともあって、母に話したら、「その場合は親戚の所に間借りして通うのよ!うちにはあんたを1人暮らしさせるほどのお金はないんだから!」と言われて諦めました。仲も良くない親戚の家に間借りなんて絶対嫌!それなら実家から通った方がいいじゃん!って私は母の思うツボですね。(笑)

今の頭があれば、安いアパートや寮で、バイトでもすれば、やっていけるってわかるのに、当時の私は電車の乗り方もわからなかったし、ましてや部屋探し、引っ越しなんて、1人でできる話ではありませんでした。大学を受験する為に行く方法すらわからないから、受験も怖くてできません。普通は身内が協力してくれるんだろうけど、母は非協力的でしたから。。。家を出る協力なんて絶対しないですよね。

母は受験等、進路に関しては「わからないから」の一言で何一つしませんでした。受験料をくれただけでした。周りの友達は遠方なので一緒に行ったとか、受験料の振込は全部親がしてくれたとか、ホテルの宿泊の手続きをしてくれたとか聞いてびっくりしました。私は大学受験方法、場所、受験料支払、全て自分で調べました。受験する学校は不安ながらも調べてなんとかなりましたが、東京まで調べる事はできませんでした。当時はネットもなかったし、無理!って思っちゃって、今なら行くのになぁ、なんて思います。

大学に進学後、通っていましたが、終電22時半だと、全然楽しめないんです。(笑)ひとり暮らししている友達から、家賃とか聞くと、結構安くて、頼んでみるものの撃沈!

「無理に決まっているでしょ!」

金額を言っても説得できず。奨学金も借りてたし、絶対何とかなったはずなんだけど、結局家は出れず、通い切りました。

ピアスを開けて怒られたり、髪を染めて怒られたり、夜遅くなっても怒られたり、終電逃して友達の家に泊まるのもダメで、遊んでいると怒られて、何度も家を出たいと思いました。

「あんたは収入ないでしょ、誰のおかげでこの生活が出来ていると思っているの?」

「学生は勉強でしょ、受験の時だけで入ったら遊び呆けるとかやめてよ」

「行きたい大学落ちたくせに!滑り止めなんだからそこで一番とって見返すくらい頑張りなさいよ!これじゃ落ちぶれたって言われるわよ」

自由がねぇんだよ。

社会人

大学を卒業して4か月後くらいに、働きました。実家から通っていたので、毎月のお給料を家に入れ、これで自由だぜ!なんて思っていたら・・・

「この家に住めているのは誰のおかげだ!」

「この家に住まわせてもらっているんだから勝手な事はするな」

えぇぇぇ!今度は家に住んでいるから?学生の頃は収入がないから、今度は住処?じゃあ家を出よう!と思って言ってみたら・・・

「何バカな事言ってんの?通えるところで働いているのに家を出るとか頭おかしいんじゃないの?」

「そんな恥ずかしい事二度と言わないで!」

めちゃくちゃブチ切れされました。

それじゃ自由じゃないじゃん!って反論する事は出来なかったと思います。結局私は親の価値観に洗脳されていたし、自分が悪いんだって、自分を責めた気がします。

家を出るのは結婚や仕事上の都合だけっていう価値観が前提にあったから、家を出る事も反対されてそのまま引き下がってしまったのです。

その後、家は出るんですけど、簡単に行くわけもなく、でも私も折れずに頑張った結果、今があります。家を出た理由は毒親が原因ではないのです。それはまた別でUPします。

あの労力、大したもんだ

当時の自分を褒めたいです。

貧乏でも1人で自由な暮らし、幸せです。

♥毒親育ち仲間との交流会♥
随時開催中

https://www.instagram.com/rinkahoh/
LINE→ID:@xrm2943n

コメント

タイトルとURLをコピーしました